【読了】サポートライン・レジスタンスライン – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【読了】サポートライン・レジスタンスライン

サポートライン

 

 

▼サポートライン

 

チャート上の主だった安値同士を結んだラインを、サポートラインと呼びます。

 

価格がこのサポートラインを下回らない間は、このラインを境に上昇すると考えられています。

 

 

また、価格がサポートラインを下回った場合上昇トレンドだった場合は「上昇→下降」へトレンド転換する可能性が高まり、レンジだった場合は下降の力に勢いがつきやすいと考えられています。

 


 

レジスタンスライン

 

 

▼レジスタンスライン

 

チャート上の主だった高値同士を結んだラインを、サポートラインと呼びます。

 

価格がこのサポートラインを上回らない間は、このラインを境に下降すると考えられています。

 

 

また、価格がレジスタンスラインを上回った場合下降トレンドだった場合は「下降→上昇」へトレンド転換する可能性が高まり、レンジだった場合は上昇の力に勢いがつきやすいと考えられています。

 

 

またラインを引く基準としては、以下のような基準が一般的にはよく言われます。

 

・髭の先端 or 実態 or 最もタッチ数が多い所

・タッチされた回数(○回以上)

・時間軸(○時間以上で引けるライン)

 

どんな基準でラインを引いても良いと思いますが、常に一貫して同じ条件でラインを引いていくことで分析がしやすくなります。

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

 


 

#資金管理マインドセット

 

あなたは、
損切りした直後に
チャートが逆行してしまうことは、
よくありますか?

 

 

そんな時は思わず、

 

「あの時、損切りしなきゃ勝てたのに...」

 

と、悔やんでしまい、

 

 

次のトレードで損切の直前になると、

「また損切りした瞬間に、
逆行してしまうんじゃないか?」

 

 

と勘ぐって、
損切をためらってしまったり、
するものです。

 

 

しかし、

 

値動きがこの後、
上昇するか下降するかの確率は、
おおよそ50%の確率です。

 

 

確かに50%の確率では、
最初に引いていた損切ラインで
損切しなければ、
勝てたかもしれませんが・・・

 

損切りすべき時に損切しなかったことで、
大きく資金を溶かす可能性もあるのです。

 

 

たかが、一勝分の利益のために、
資金が溶けるほどのリスクを負うことは、
非常にナンセンスだと言えます。

 

 

さらに言えば、

 

損切幅を決めることは、
エントリー前の課題です。

 

 

エントリー中は、
損切幅を縮めることはあっても、
広げるべきではありません。

 

 

エントリー後に、
損切幅を広げてしまうと、

 

1トレード当たりの最大リスクが、
当初の設定より大きくなり
資金管理のルールを破ってしまうことに、
繋がってしまいます。

 

 

つまり、

 

エントリー後に
損切りをどうしようかと
考えている時点で、

 

そのトレードは失敗だと
言っても過言ではありません。

 


 


本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。

 

最新Youtube速報!REAL TRADE@TRADER K

 

今回はある意味ネタ回です。最後の方は真面目なトレードの話をしています。

 

現在リアル口座で100万円を運用して、全てのエントリーを公開するといった実践的な企画を行っています。

 

勝ったトレードから負けたトレードまで全て公開してますので、あなたの日々のトレードの参考にしてください!

 

 

2019年の10/15からスタートして、元金の100万円が589万円を突破中!※2,674,120円出金済み 1,801,941円別口座移動済み

 

 

TRADER Kの各SNS一覧

 

 

  • Youtube×TRADER K

    毎週相場解説や100万円口座リアルトレードなどと、初心者から上級者まで見て学べる注目のコンテンツが目白押しです。

  • Twitter×TRADER K

    TRADER Kが、最も更新頻度の高いのがこのTwitter。高頻度で更新されるTRADER KのTwitterをぜひフォローしてください。

  • Facebook×TRADER K

    Twitterの140文字の文字制限に収まりきらない内容はFacebookに掲載しています。TRADER Kが発信する長文のメッセージは必見です。