【カツラギ.読了】エリオット波動-4種類の修正波(4)斜め型の複合型修正波(ジグザグ→ジグザグ→ジグザグ) – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】エリオット波動-4種類の修正波(4)斜め型の複合型修正波(ジグザグ→ジグザグ→ジグザグ)

エリオット波動-4種類の修正波(4)斜め型の複合型修正波(ジグザグ→ジグザグ→ジグザグ)

 

▼斜め型の複合型修正波

 

本日は斜め型の複合型修正波について解説していきます。

 

斜め型には、W波とY波がジグザグになるダブルジグザグW波とY波とZ波がジグザグになるトリプルジグザグが基本的には当てはまります。

 

 

W波だけでは目標の値幅に到達できなかった時にダブルジグザグが出現しやすく、W波とY波を合わせても目標の値幅に到達できなかった時にトリプルジグザグが出現しやすくなります。

 

 

最も多く出現するのは2波動目ですが、4波動目にも出現することを覚えておきましょう。

 

 

ジグザグ(W波)→ジグザグ(Y波)→ジグザグ(W波)

 

このパターンの主な特徴は以下の通りです。

 

・W波の始点とX波の終点を結ぶラインのチャネルラインがY波やZ波の値幅として意識されやすい。

 

・「W波=Y波」になりやすい。

 

・ダブルジグザグの場合は1つ目のX波が、トリプルジグザグの場合は2つ目のX波がトライアングル修正になることがある。

 

このパターンは逆向きの推進波と似てしまうことも多く、エントリーポイントとしては少々狙いにくいパターンでもあります。

 

トレードでは、分からない時はエントリーしない、もしくは、超少額(またはデモ)で検証するというのが基本です。

 

その他の根拠が薄い時などはエントリーは見送った方が無難であるかもしれないため、このパターンでは慎重にトレードを行いましょう

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

 


 

 

#資金管理マインドセット

 

今現在、あなたが、
使っている手法が、
どれほど調子が良かったとしても、
連敗してしまう時は必ずきます。

 

 

そんな時でも、
損失を最小限に抑えるために、
徹底した資金管理を継続することが、

 

長期的に勝つためには
絶対に必要となります。

 


 

 


本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

3/2

7

11/6の経済指標

※スマホの方は横にスクロール

引用元:Yahooファイナンス羊飼いのFXブログ

※羊飼いのデータは昼頃更新予定です。

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。