【カツラギ.読了】MACDの「シグナルライン」の概要。 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】MACDの「シグナルライン」の概要。

MACDの「シグナルライン」の概要。

 

 

本日は、MACDに表示されている「シグナルライン」とは何か?ということについて解説していきます。

 

 

 

▼シグナルラインの概要

 

シグナルラインは、設定した期間でMACDラインを移動平均化したものです。

 

 

 

 

▼シグナルラインの計算式

 

シグナルライン=(設定した期間のMACDラインの数値を足した合計)÷(設定した期間)

 

つまり、設定した期間のMACDラインの数値の平均が高いほどシグナルラインは上昇していき、設定した期間のMACDラインの数値の平均が低いほどシグナルラインは下降していきます。

 

また、シグナルラインは、MACDラインの平均値を表しているため、MACDラインより値動きに対する反応は遅くなります。

 

 

 

▼シグナルラインの設定方法

 

 

シグナルラインを表示・設定する際は、以下のように設定しましょう。

 

※ここではMT4の場合を解説します。

 

①MACDラインが表示される「MACD」をMT4へ挿入。

 

※今回はこちらのサイトから「MACD_with_crossing」というタイプのMACDを選びました。

 

②MT4のナビゲーターから自分が選んだ「MACD」を選択。

 

③MACDラインの「期間」を設定。

 

④シグナルラインの「期間」を「SignalSMA」の値に設定。

 

※「SignalSMA」という表示はインジケーターによって異なります。

 

 

 

ここまでの解説で、シグナルラインの基本的な構造は、ご理解頂けたと思います。

 

そこで、明日のメルマガでは、「MACDライン」と「シグナルライン」の関係を数値したものである「ヒストグラム」について解説していきます。

 

それでは、明日のメルマガもお楽しみに!

 

 

※「大衆心理を理解した」=「大衆の動きを予知できる」と言うわけでは有りません。
大衆心理を学んだ上で、その時の相場で最良の選択ができるようにしっかり検証を行いましょう。


 

#資金管理マインドセット

 

トレード収支の目標設定の肝は、
「一貫性のあるトレードを行うこと」
にあります。

 

 

なんとなくのトレードで
段階的に目標を達成したところで

大した緊張感もなく、

 

残ったトレードデータからも、
「なぜ勝ったのか?負けたのか?」を
分析することが難しいです。

 

 

一貫性のあるトレードで目標を達成し
そこから得た経験値やデータを活かしながら
勝ちトレーダーを目指していきましょう。

 

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。