【カツラギ.読了】レンジを大きくブレイクし、そのまま一旦はトレンドを形成したが、勢いよく急騰(または急落)でレンジ内へ戻ってきた時の大衆心理 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】レンジを大きくブレイクし、そのまま一旦はトレンドを形成したが、勢いよく急騰(または急落)でレンジ内へ戻ってきた時の大衆心理

レンジを大きくブレイクし、そのまま一旦はトレンドを形成したが、勢いよく急騰(または急落)でレンジ内へ戻ってきた時の大衆心理。

 

 

本日は、レンジを大きくブレイクし、そのまま一旦はトレンドを形成したが、勢いよく急騰(または急落)でレンジ内へ戻ってきた時の大衆心理について解説していきます。

 

まず、レンジをブレイクした後に、再びレンジ内へレートが戻ってきた時の大衆心理として、レンジブレイクした方向へあまりにも大きくトレンドが続かない限り、レンジ内でエントリーしてから再びレンジ内へレートが戻ってくるまで、含み損を抱え続けているような相場参加者の存在を意識してください

 

特にレンジ相場というのは、長く続くほど注文が入り続けるため、色々な考えを持った人や様々なレベル感の相場参加者が同じ価格帯に注文を入れ続けます。

 

そのため当然、「損切り幅を多く設定する派」や「損切りの決断を先延ばしにしてしまう素人」も必ず一定数はレンジ内でエントリーしていると考えるのが自然です。


このようにレンジブレイクをして含み損を抱えても、中々損切りをしない相場参加者の多くは、レートがレンジ内に戻ってきて、収支が±0か少々の含み益になった時点で、プロスペクト理論に基づき早めの利確を行うことが予測されます。

 

今回の例として、「レンジ」→「上方向へレンジブレイク」→「そのまま一旦上昇トレンドへ」→「急落しレンジ内へ落ちた」という局面で考えると(ページ上部の画像の局面)、レンジ内へレートが落ちてきた時点で、レンジ内で売り注文を行ってた多くの相場参加者が、プロスペクト理論に基づき利確(買い)を行うことになるため、これによりまず一つレートが上昇する要素が作られることになります。

 

 

さらに、レンジを上方向へブレイクした後の上昇トレンドの各高値で、売り注文を行っていた相場参加者が、レンジの最高値を利確目標にしていたり、レンジの価格帯で一旦レートが上昇する所を見ての利確により、さらにレートが上昇する要素が加わります

 

 

また、上昇トレンド後の急落に追随して「新規売り注文」を行ってくる相場参加者も一定数存在すると思いますが、この局面ではその他に「売りの勢力」が入る要素があまりないため、基本的にこういった局面では、一旦は上昇しやすい大衆心理になっていることを覚えておきましょう。

 

ただ、あくまで「一旦は」という話で、先ほど説明した上昇する要素である「買いの損切り」や「売りの利確」だけではレートが伸び続けることはありません

 

その後は、相場環境次第で、どちらの勢力の「新規の注文」が入ってくるかによって異なりますので、ただこのパターンを暗記するだけではなく、しっかりと相場環境認識を行い、大衆心理をご自身でも考えてトレードを行っていきましょう。

 

 

※「大衆心理を理解した」=「大衆の動きを予知できる」と言うわけでは有りません。
大衆心理を学んだ上で、その時の相場で最良の選択ができるようにしっかり検証を行いましょう。


 

#資金管理マインドセット

 

相場が自分の目標に合わせて、
動いてくれるはずがありません。

 

 

相場が自分に合わせるのを
期待するのではなく、

 

相場に自分を合わせられるのが、
勝ち続けられるトレーダーです。

 

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。