【カツラギ.読了】Mトップ・Wボトムでダマシが起こる時の大衆心理の一例 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】Mトップ・Wボトムでダマシが起こる時の大衆心理の一例

Mトップ・Wボトムでダマシが起こる時の大衆心理の一例

 

 

本日は、Mトップ・Wボトムでダマシが起こる時の大衆心理について解説していきます。

 

 

こんな局面を想像してみてください。

 

上昇トレンド時に右肩下がりのMトップが形成されました。(ページ上部の画像)

 

こんな時に、チャートパターンの定説だけを頼りにトレードをしている方は、迷わずショートエントリーをしてしまうのではないでしょうか。

 

しかし、右肩下がりのMトップが作られたということは、その時点の最高値はMトップの左側の高値であり、押し安値は最高値であるMトップの左側の高値の一つ前の安値であることを忘れてはいけません。

 

 

ダウ理論では、上昇トレンドの押し安値を下抜かない限りは目線は上になり、下降トレンドの戻り高値を上抜かなければ目線は下になります。

 

つまり、先ほどのMトップの例では、Mトップが形成された上で押し安値を下抜かなければまだまだ上目線の相場参加者が多くなりやすいのです。

 

そのため、他に売り勢力が入る強い根拠がない限り、買い勢力の方が強くなり上昇し続ける可能性も十分にあります。

 

 

このように自分とは反対側の思惑の心理を理解せず、パッと見でトレンド転換のパターンが形成されたからといってエントリーしていると、ダマシに合いやすくなります

 

 

この場合の対策としては、まずMトップが形成されたからといって簡単に売るのではなく、押し安値を下抜けた時や、買い勢力が一旦決済しておきたくなるような強いレジスタンスラインにタッチした時のような、自分とは反対側の思惑を持った相場参加者が減るであろうタイミングでエントリーをしていくと、ダマシに合いずらいトレードができるようになります。

 

反対に、Mトップの最高値の少し上は、Mトップで売り注文を行ったトレーダーの損切りラインが溜まりやすい部分でもあるので、そこを抜けたら自分も上目線で買い注文を狙ってみても良いでしょう。

 

 

※「大衆心理を理解した」=「大衆の動きを予知できる」と言うわけでは有りません。
大衆心理を学んだ上で、その時の相場で最良の選択ができるようにしっかり検証を行いましょう。


 

#資金管理マインドセット

 

よく、

 

「さすがに〇連敗もしたから、
これ以上は負けないだろう」

 

と考えて、

 

許容リスクを超えた
ポジションサイズで
エントリーして、

 

資金を大きく溶かす方がいます。

 

 

ですが、
よく考えてみてください。

 

 

連敗する確率は、
勝率50%の場合では、、、

 

以下のとおりです

 

1連敗:50%
2連敗:25%
3連敗:12.50%
4連敗:6.25%
5連敗:3.125%
6連敗:1.563%
7連敗:0.7813%
8連敗:0.3906%
9連敗:0.1953%
10連敗:0.09766%

 

 

と、このように、
6連敗までは1%以上の確率と、
確率としては結構高いのです。

 

 

また、

 

バックテストを取ったことのある方は、
分かると思いますが、

 

何年間分も
バックテストを取っていると、
6連敗なんてざらにありますし、
10連敗することもあります。

 

 

これを聞いてタイトルの、

 

「さすがに5連敗もしたら、
6連敗はないだろう」

 

といって、
資金管理を疎かにすることが、

 

どれほど危険なのか、
分かって頂けたでしょうか?

 

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。