【カツラギ.読了】水平ラインと大衆心理の基本①「レートが水平ラインへ近づいてきた時」 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】水平ラインと大衆心理の基本①「レートが水平ラインへ近づいてきた時」

水平ラインと大衆心理の基本①「レートが水平ラインへ近づいてきた時」

 

 

本日は、水平ラインと大衆心理の基本的な考え方について解説してきます。

 

水平ラインは、文字通り水平にラインが引かれるため、過去にそのラインでエントリーした相場参加者や、その一段上や一段下のラインなどでエントリーした相場参加者の心理が、水平ライン付近のプライスアクションにもろに影響していきます

 

それくらい水平ラインと大衆心理は、切ってもきれない関係なので、まず基本からしっかり学んでいきましょう。

 

 

 

▼水平ラインの大衆心理の基本

 

水平ラインの大衆心理の基本は、以下の通りです。

 

・水平ラインより上側→「買い優勢

・水平ラインより下側→「売り優勢

 

このようになる理由の解説を、ケース別で解説していきます。

 

 

まず前提として、相場で水平ラインにレートが絡んでくるケースは、以下の4パターンが有ります。

 

・レートが上から水平ラインへ近づいてきた時。

・レートが下から水平ラインへ近づいてきた時。

・レートが水平ラインを下から上へ抜けた時。

・レートが水平ラインを上から下へ抜けた時。

 

この4つの内2つ目までの、レートが水平ラインへ近づいてきた時の大衆心理ケースを本日は解説していきます。


▼レートが上から水平ラインへ近づいてきた時

 

レートが上から水平ラインへ近づいてきた時というのは、まだ水平ラインより上にレートがあると言うことなので、大衆心理は「買い優勢」となります。

 

理由としては、主に以下の3つになります。

 

・水平ラインをサポートラインと捉えて、ここから上がると判断した相場参加者の新規買い注文

 

・水平ラインへ到達する前に、元々売り注文を行っていた相場参加者が、水平ラインを利確目標にしていた場合の利確注文(買い注文)

 

・過去に、その水平ライン付近で買い注文を行って、まだポジションを持ち続けている機関投資家が、含み損にならないようにレートを上昇させる目的で行う新規買い注文

 

 

これらの理由によって、レートが上から水平ラインに近づいてきた時は、「買い優勢」になりやすいということを覚えておきましょう。

 

 

 

▼レートが下から水平ラインへ近づいてきた時

 

反対に、レートが下から水平ラインへ近づいてきた時というのは、まだ水平ラインより下にレートがあるということなので、大衆心理は「売り優勢」となります。

 

理由としては、主に以下の3つになります。

 

・水平ラインをレジスタンスラインと捉えて、ここから下がると判断した相場参加者の新規売り注文

 

・水平ラインへ到達する前に、元々買い注文を行っていた相場参加者が、水平ラインを利確目標にしていた場合の利確注文(売り注文)

 

・過去に、その水平ライン付近で売り注文を行って、まだポジションを持ち続けている機関投資家が、含み損にならないようにレートを下降させる目的で行う新規売り注文

 

 

これらの理由によって、レートが下から水平ラインに近づいてきた時は、「売り優勢」になりやすいということを覚えておきましょう。

 

 

ここまでの説明で、レートが水平ラインへ近づいてきた時の大衆心理は、ご理解いただけたでしょうか?

 

明日は、以下の2つパターンを解説します。

 

・レートが水平ラインを下から上へ抜けた時。

・レートが水平ラインを上から下へ抜けた時。

 

明日のメルマガもお楽しみに!

 

 

※「大衆心理を理解した」=「大衆の動きを予知できる」と言うわけでは有りません。
大衆心理を学んだ上で、その時の相場で最良の選択ができるようにしっかり検証を行いましょう。


 

#資金管理マインドセット

 

トレード初心者の方は、
損切りを苦手とする方が多いです。

 

損切りはお金を失う行為なので、
苦手になるのは分かります。

 

 

しかし、

 

そのまま成長せず、
損切りが苦手なままだと、

 

5年10年先もずっと、
9割の負けトレーダーです。

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。