【カツラギ.読了】水平ラインと大衆心理の基本②「レートが水平ラインを抜けた時」 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】水平ラインと大衆心理の基本②「レートが水平ラインを抜けた時」

水平ラインと大衆心理の基本②「レートが水平ラインを抜けた時」

 

 

本日は昨日の続きで、レートが水平ラインを抜けてきた時の大衆心理について解説していきます。

 

昨日のおさらいとして、水平ラインの大衆心理の基本は、以下の通りだと覚えておいてください。

 

・水平ラインより上側→「買い優勢

・水平ラインより下側→「売り優勢

 

水平ラインを抜けてきた時に、上記のような大衆心理になる理由を、これから解説していきます。


▼レートが水平ラインを下から上へ抜けた時

 

 

レートが水平ラインを下から上へ抜けた時というのは、水平ラインより上にレートがあるということなので、大衆心理は「買い優勢」となります。

 

理由としては、主に以下の2つになります。

 

・水平ラインを下から上に抜けたことにより高値更新となり、上目線だと判断した相場参加者による新規買い注文

 

・過去に水平ラインより下側で売り注文を行った相場参加者の多くが、水平ラインが引けるような明確な高値ライン付近に損切りラインを置いていることによる損切注文(買い注文)

 

 

これらの理由によって、レートが水平ラインを下から上へ抜けた時は、「買い優勢」になりやすいということを覚えておきましょう。

 

 

 

▼レートが水平ラインを上から下へ抜けた時

 

反対に、レートが水平ラインを上から下へ抜けた時というのは、水平ラインより下にレートがあるということなので、大衆心理は「売り優勢」となります。

 

理由としては、主に以下の2つになります。

 

・水平ラインを上から下に抜けたことにより安値更新となり、下目線だと判断した相場参加者による新規売り注文

 

・過去に水平ラインより上側で買い注文を行った相場参加者の多くが、水平ラインが引けるような明確な安値ライン付近に損切りラインを置いていることによる損切注文(売り注文)

 

 

これらの理由によって、レートが水平ラインを上から下へ抜けた時は、「売り優勢」になりやすいということを覚えておきましょう。

 

 

以上が水平ラインによって、大衆心理が働く基本的な理由となります。

 

昨日もお伝えしましたが、大衆心理と水平ラインは切ってもきれない関係にあり、大衆心理を考慮してトレードを行う上で、非常に重要になってきます。

 

ですので、まず昨日〜今日にかけて解説してきた、水平ラインと大衆心理の関係性について、しっかり理解しておきましょう。

 

 

※「大衆心理を理解した」=「大衆の動きを予知できる」と言うわけでは有りません。
大衆心理を学んだ上で、その時の相場で最良の選択ができるようにしっかり検証を行いましょう。


 

#資金管理マインドセット

 

たとえ、
どれほど損切りがで苦手であっても、
成長し克服しなければ
何も変わりません。

 

 

スポーツ選手でも、
走り込みや筋トレなどの、
辛いことを乗り越えて、
素晴らしい選手に成長します。

 

 

お金に困らない生活を求めて
トレードを始めたのであれば、

 

ポジションサイズを抑えたり、
損切りは経費だと割り切ることです。

 

苦手意識を克服する為に努力をし、
トレーダーとして成長していきましょう。

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。