【カツラギ.読了】MACDラインの状況別の考え方② – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】MACDラインの状況別の考え方②

MACDラインの状況別の考え方②

 

 

昨日に引き続き、MACDラインの状況別の考え方の別パターンについて解説してます。

 

 

 

▼MACDラインが天井(大底)から反転下降(上昇)してきた時

 

 

MACDラインが天井から反転下降してきた時というのは、短期EMAと長期EMAの幅が狭まってきたということになります。

 

つまり、直近の相場参加者は、長期の平均取引価格より高い価格でも「買いたい」と思っている人が多かったが、徐々に「これだけ価格が高いと買えない」と思っている人が増えてきているという状況です。

 

こういった時は、「買い勢力」の勢いが弱くなってきていることが分かるので、買いポジションを持っていたら決済を行うサイン一つとなります。

 

 

反対にMACDラインが大底から反転上昇してきた時というのは、売りポジションを持っていたら決済を行うサイン一つとなります。

 

 

 

▼MACDラインが上昇(下降)後に下げて(上げて)きたが「0」のラインまで落ちず(上げず)再度反転上昇(下降)した時

 

 

MACDラインが上昇後に下げてきたが「0」のラインまで落ちずに再度反転上昇した時というのは、短期EMAが長期EMAの価格に近付いてきたが、長期EMAを下回ることなく再度上昇したということになります。

 

つまり、直近の相場参加者は、長期の平均取引価格より安い価格でなくても「買いたい」と思っている人が多いという状況です。

 

こういった時は、下位足のローソク足EMAの上抜けEMAで反発が起きているので、下位足で押し目買いを狙うエントリーポイントになります。

 

 

反対にMACDラインが下降後に上げてきたが「0」のラインまで上げずに再度反転下降した時は、下位足で戻り売りを狙うエントリーポイントになります。

 

 

 

ここまでの解説で、MACDラインがどういった状況の時に、どのような考え方をしたら良いのかについて、ある程度ご理解頂けたかと思います。

 

MACDラインの意味や考え方を理解しておくことで、MACDに搭載されている「シグナルライン」や「ヒストグラム」が、どういう仕組みで動いているのかを理解できます。

 

ですので、これからMACDを使おうと思っている方は、まずここまで解説してきたMACDラインの仕組みや考え方について、しっかりと覚えておきましょう。

 

 

※「大衆心理を理解した」=「大衆の動きを予知できる」と言うわけでは有りません。
大衆心理を学んだ上で、その時の相場で最良の選択ができるようにしっかり検証を行いましょう。


 

#資金管理マインドセット

 

1日の収支がプラスになったら、
その日を含めて、
3日間で収支がプラスになることを
目標にする。

 

 

3日間の収支がプラスになったら、
その3日間を含めて、
1週間で収支がプラスになることを
目標にする。

 

 

1週間で収支がプラスになったら、
その1週間を含めて、
半月で収支がプラスになることを
目標にする。

 

半月で収支がプラスになったら、
その半月を含めて、
1ヶ月で収支がプラスになることを
目標にする。

 

 

1ヶ月で収支がプラスになったら、
その1ヶ月を含めて、
2ヶ月間で収支がプラスになることを
目標にする。

 

 

2ヶ月

4ヶ月

8ヶ月

1年

2年

 

 

このように日ごとではなく
段階的に広く目標をたてて
取引を行ってみましょう。

 

そうすることで、
日ごとの損益に振り回されず

 

精神的負荷を軽くすることができ

目標達成しやすい状態を
つくることができます。

 

 

このように段階的に目標を立て、
全てエントリーを、
同じトレードルール内で行い、
一貫性のあるトレードを行う。

 

 

そうすることで、
すでに収支がプラスで
アドバンテージがある状態で、
次の目標に向かうので、

 

まず収支が、
目標期間内にマイナスになる可能性が
低くなります。

 

 

そのため、

 

最初の1日間だけ
収支がプラスになれば、

 

それ以降の期間での目標は、
一度もエントリーしなくても、
結果的に収支がプラスになり
目標は達成できます。

 

 

これによって、
”待つ”という行為が、
自分の中でより正当化できて、

 

「固い所だけ、
エントリーしよう!」

 

という意識になれますし、

 

 

収支がマイナスになってしまって、
目標達成できないから、
ポジションサイズを上げたいという
衝動に駆られることが少なくなります。

 

 

さらに、

 

例え目標達成できなくても、
一貫性のあるトレードで、

 

「より固い所だけ
エントリーしよう!」

 

と思ってエントリーした結果なので、
集中力が非常に高い状態で、
深く考えられた結果のエントリーなので、

 

 

残ったトレードデータの質も高く、
次のトレードに必ず生きます。

 

 

以前に、

 

「月間の利益目標なんて、
正直いらない」

 

というお話をしましたが、
全く目標を立てずにトレードを行うより、

 

小さな目標を立てるなどと、
多少は自分に負荷をかけて、
取り組んだ方が成長するので、

 

こういった目標設定は、
良かったら取り入れてみると、
良いかもしれませんね。

 

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。