【カツラギ.読了】フィボナッチ・エクスパンション – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンション

 

 

▼フィボナッチ・エクスパンション

 

 

トレンドの押し目や戻り目から、トレンド方向へどこまで値幅が伸びていくのかを予測するためによく使われるのが、「フィボナッチ・エクスパンション」です。

 

 

▼フィボナッチ・エクスパンションの引き方

 

※下降トレンドの場合は逆になります。

 

上昇トレンドの押し目から上昇する値幅の目安を予測する場合は、「前回安値直近高値直近安値」という順番で、ポイントを合わせることで引くことができます。

 

下降トレンドの戻り目から下降する値幅の目安を予測する場合は、「前回高値直近安値直近高値」という順番で、ポイントを合わせることで引くことができます。

 

 

▼フィボナッチ・エクスパンションでよく使われる比率

 

最もよく使われる比率は、「61.8%」と「100.0%」と「161.8%」と「261.8%」です。

 

それ以外でよく使われる比率として、127.1%、200.0%があります。

 

 

よく使われる比率にタッチとプラスαで、他の根拠が重なるとより強い反発する根拠となります。

 

しっかり検証した上で実践で使っていきましょう。

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

 


 

#資金管理マインドセット

 

思い通りチャートが
動いてほしいと思うと、

 

 

「損切ラインまでレートが動きそうだけど、
ここで損切りしなきゃ、
多分反転してくれるだろう」

 

 

というような、
トレード手法とは関係のない、
個人的な願望が、
トレードに影響してしまいます。

 

 

その結果、
損切りが遅れて、
資金を溶かすことに、
繋がってしまうのです。

 

 

僕たちトレーダーは、
過去チャートから、
確率の高そうな選択肢を
選ぶことしかできません。

 

 

つまり、

 

チャートが僕たちに、
合わせてくれることは無く、

 

僕たちがチャートに、
合わせることで、
勝機が生まれます。

 

 

また、

 

トレードでは、
稀に個人的な願望が、
叶ってしまうように、
運による要素も大きく影響します。

 

 

しかし、

 

「思い通りチャートが動いてほしい!」

 

というような、
運に頼ったトレードをしていては、
長期的に利益を、
上げ続けることはできません。

 

 

ですので、

 

日ごろからチャートに合わせられるよう、
検証を繰り返すことが非常に重要であり、

 

合わせられないのなら、
運に頼らずエントリーしない、
という選択をすることも、
また非常に重要なことです。

 


 


本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

3/2

7

11/6の経済指標

※スマホの方は横にスクロール

引用元:Yahooファイナンス羊飼いのFXブログ

※羊飼いのデータは昼頃更新予定です。

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。