【カツラギ.読了】エリオット波動-エンディング・ダイアゴナルトライアングル – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】エリオット波動-エンディング・ダイアゴナルトライアングル

エリオット波動-エンディング・ダイアゴナルトライアングル

 

 

▼エンディング・ダイアゴナルトライアングル

 

本日は昨日予告した通り、2種類あるダイアゴナルトライアングルの内、1つ目のエンディング・ダイアゴナルトライアングルについて解説していきます。

 

この波動の主な特徴は以下の通りです。

 

・トレンド方向の最後の1波動として出現する。

・内部波動の1波と4波が基本的に重複する。

・内部波動は「3波動→3波動→3波動→3波動→3波動」で構成される。

・基本的に収束型のトライアングル(ウェッジ)で形成される。

 

エンディング・ダイアゴナルトライアングルは、名前の通りトレンドのエンディング(最後)に出現するダイアゴナルトライアングルです。

 

具体的な出現場所は以下のようなところです。

 

・衝撃波の内部波動の5波目

・3波で構成される修正波のC波

 

トレンドの最後に出現するということは、エンディング・ダイアゴナルトライアングルが出現したら反転するということになるため、逆張りのエントリーポイントの目安として活用することができます。

 

 

また、推進波の内部波動の多くは、「5波動→3波動→5波動→3波動→5波動」で構成されますが、エンディング・ダイアゴナルトライアングルの場合は、5つの内部波動の全てが3波動で構成されます。

 

さらに、エンディング・ダイアゴナルトライアングルはウェッジの形で出現しますが、まれに平衡型や拡大型のトライアングルとなることを覚えておきましょう。

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

#資金管理マインドセット

 

トレードにおいて、
損切りをした時は、

 

一般的に、
”損失を被った”
という表現をされます。

 

 

しかし、
トレーダー視点では、

 

損失を被るのではなく、
”損失を確定する”

 

という感覚を持つと良いです。

 

 

なぜなら、

 

損失を被るという考え方をすると、
良くないことをしたような、
ネガティブな印象を受けてしまいます。

 

 

しかし、トレードにおいて、
適切な損切りは必要なものであり、
損失を最小限に抑えられる、
ポジティブなことのはずです。

 

 

そこで、
損失を確定するという
考え方にすることで、

 

相場がシナリオ通り動かなかった時に、
損失を最小限に抑えられた。

 

というように、
ポジティブな印象に、
変えることができます。

 

 

ですので、

 

損失を被るのではなく、
損失を確定するという感覚を持ち、

 

損切りすべき時には、
躊躇なく損切りしていきましょう。

 




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。