【カツラギ.読了】エリオット波動の基本原則 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】エリオット波動の基本原則

エリオット波動

 

 

▼エリオット波動

 

波動シリーズの1つ目は、「エリオット波動」について解説していきます。

 

エリオット波動をざっくり説明すると、相場にはサイクル(周期)があり、値動きの中に「上昇→下降」の波が一定の規則性をもって何度も出現するというものです。

 

 

具体的なサイクルとしては、上昇トレンドの場合は、「上昇→下降→上昇→下降→上昇」という5つの波(推進5波動)で上昇相場が作られた後に、「下降→上昇→下降」という3つの波(修正3波動)で短期的な下降相場がつくられます。

 

下降トレンドの場合は、「下降→上昇→下降→上昇→下降」という推進5波動で下降相場が作られた後に、「上昇→下降→上昇」という修正3波動で短期的な上昇相場が作られます。

 

 

このエリオット波動を知っておくことで、現在の相場がどの段階にあるのかを考慮したトレードシナリオを建てることができるようになります。

 

(例)

 

・今は第2波だから次の第3波の上昇の値幅を狙おう!

 

・今は第5波だから修正波の値幅を逆張りで狙おう!

 


 

 

▼エリオット波動のルール

 

チャートパターンと同様に、どんな局面でもエリオット波動の論理が当てはまる訳ではありません

 

相場をエリオット波動の論理に当てはめて考える場合には、以下のルールがあります。

 

・1波と4波は重ならない

・1波の始値を2波が割り込まない

・3波が1・3・5波の中で一番短くならない

 

特に上2つのルールが重要で、全てが当てはまるとその後の修正3波動の動きが予想しやすくなると言われています。

 

 

しかし、これらのルールが当てはまったからと言って、必ずエリオット波動の定説通り動くわけではありません。

 

通貨ペアや時間軸、波動のカウントの仕方によってエリオット波動は、強力な武器にもなりますし全く役に立たない知識にもなります。

 

そのため、しっかりと検証を行った上で実践で使っていきましょう。

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

 


 

 

#資金管理マインドセット

 

僕のメルマガを見てくれている、
多くの方は、
兼業トレーダーとして、
トレードを取り組まれているかと思います。

 

 

その兼業トレーダーの方の、
悩みとして、

 

 

・トレードの時間が取れない
・収入が少なく元本が増えない

 

 

といったような、
この2つの悩みを持つ方が
多くいらっしゃるかと思います。

 

 

沢山労働すれば収入は高くなるが、
トレードをする時間が取りにくくなり、

 

労働時間を減らせば、
トレードをする時間は取りやすいですが、
収入が低くなってしまいます。

 

 

そんな中で、

 

トレードに集中するために、
転職を考えている方も、
中にはいらっしゃるのでは、
ないでしょうか?

 

 

今回はそんな兼業トレーダーの方が、
どういった職場に就職すると良いのか、
というお話をしたいと思います。

 

 

※あくまで転職をする際は、
参考までに自己責任でお願いします。
僕は責任を取れません笑

 

 

兼業トレーダーの方の転職で、
最も重要な点は、

”あなたがどういうタイプの

人間なのか?”

 

ということです。

 

 

例えば、

 

・体力がある
・睡眠時間は少なくて大丈夫
・東京時間に強い手法を使っている

 

このようなタイプの方は、

 

・体力仕事で残業が2時間程度の高収入
・夜勤が中心の仕事

 

といったような職場を選択し、
元本を労働でしっかり確保しながら、
トレードに取り組まれる
というのも良いかと思います。

 

 

また、

 

・睡眠時間は7~8時間欲しい
・朝起きるのが苦手
・トレードの勉強は毎日やらないと、
モチベーションが下がりやすい

 

このようなタイプの方は、

 

・残業がほぼない
・体力を使いにくいオフィス業務

 

といったような職場を選択し、
毎日コツコツと継続して、
トレードを取り組むことで、

 

半年後、1年後に、
見違えるほどのトレードが
できるようになるはずです。

 

 

また、

 

・トレードスキルはある程度高まった
・専業トレーダーを目指している

 

このようなタイプの方は、

 

短期の派遣で3ヶ月~半年程度、
ガッツリ元本を稼ぐことに、
集中することも一つの手です。

 

 

多くの元本を手にすることで、
高まったトレードスキルを、
最大限に活かすことができるはずです。

 

 

さらに、

 

リゾートバイトや派遣の中には、
無料の寮に住み込みで、
月に30万円程度稼げる仕事も
中には存在します。

 

トレードスキルが高くなれば、
思い切ってそういった場所に、
転職してみるのも、
良いかもしれませんね。

 

 

このように、
自分に合った職場に転職することで、
トレーダーとして取り組みやすい環境を、
自ら作ることができます。

 


 


本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

3/2

7

11/6の経済指標

※スマホの方は横にスクロール

引用元:Yahooファイナンス羊飼いのFXブログ

※羊飼いのデータは昼頃更新予定です。

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。