【カツラギ.読了】エリオット波動-ダイアゴナルトライアングル – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】エリオット波動-ダイアゴナルトライアングル

エリオット波動-ダイアゴナルトライアングル

 

 

▼ダイアゴナルトライアングル

 

まず、エリオット波動の基本原則について確認しましょう。

 

エリオット波動は以下のルールが原則です。

 

・1波と4波は重ならない

・1波の始値を2波が割り込まない

・3波が1・3・5波の中で一番短くならない

 

この条件に当てはまる推進波のことを、衝撃波(インパルス)と呼び、その衝撃波には3つの種類の衝撃波がありました。

 

・1波延長型衝撃波

・3波延長型衝撃波

・5波延長型衝撃波

 

推進波のほとんどが衝撃波であるため、エリオット波動の解説の中でも初期に解説していきました。

 

 

その衝撃波のルールに当てはまらないが、推進波とされている波の種類として、「ダイアゴナルトライアングル」と呼ばれる推進波があります。

 

ダイアゴナルトライアングルは、衝撃波と同様に5つの内部波動で構成され、波動の形は以前チャートパターンシリーズで解説した「ウェッジ」の形と同じです。

 

 

ウェッジは、基本的に1波と4波が重なっていますし、3波が1・3・5波の中で一番長くなるとも限らないので、衝撃波のルールとは大きく異なります

 

ただ、この形を形成した時は、ダイアゴナルトライアングル自体が波動1カウント分となることを覚えておきましょう。

 

 

また、ダイアゴナルトライアングルは以下の2種類に分けられます。

 

・エンディング・ダイアゴナルトライアングル

・リーディング・ダイアゴナルトライアングル

 

それぞれの特徴は、明日から解説していきますので、ぜひ楽しみにしていてください!

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

 


 

 

#資金管理マインドセット

 

ナンピンもそうですが、
トレード自体が、

 

「お買い得そうだから買っちゃおう!」

 

というような、
感覚で行うものではありません。

 

 

トレードは、
日々の検証によって勝算があると
判断できることを、
淡々と行うものです。

 

 

だからこそ、

 

日々の検証や分析を必ず行い、
トレードの判断を、
感覚に頼らずに済むようにしましょう。



 


本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

3/2

7

11/6の経済指標

※スマホの方は横にスクロール

引用元:Yahooファイナンス羊飼いのFXブログ

※羊飼いのデータは昼頃更新予定です。

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。