【カツラギ.読了】行き違い線 – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】行き違い線

行き違い線

 

 

▼行き違い線

 

前日の流れに背を向けて前日と同じぐらいの実体の長さ反対方向に動いて終わったのが「行き違い線」です。

 

出合い線は前日と当日の終値がほぼ同じですが、行き違い線は前日と翌日の始値がほぼ同じで、そこから離れて終わります。これも、滅多に出現しないパターンです。

 

行き違い線は、前日の動きを大きく打ち消して、相場が反対方向へ勢いを強めたことがわかります。

 

「陽線→陰線」の並びなら上昇相場が終わる可能性、「陰線→陽線」の並びなら下落相場が終わる可能性を暗示していると言われています。

 

 

 

 

 

ただし、上昇相場の途中に「陰線→陽線」の並びで出現すると、押し目買いのチャンスになります。

 

なぜなら、前日の陰線は調整の反落で、再び上昇相場に戻っていくと考えられるからです。

 

反対に、下落相場の途中に「陽線→陰線」の並びで出現すると、戻り売りのチャンスと捉えられます。

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。

 


 

#資金管理マインドセット

 

トレーダーとして重要なことは、
長期的に資金または証拠金が、
増えていくことです。

 

これを実現するためには、
経営者としての視点を持つことが、
非常に重要となります。

 

 

経営者は多くの利益を上げるために、
売上を上げようとします。

 

 

さらに、

 

多くの売上を上げるために、
経費をかけようとします。

 

 

経費をかけるということは、
売上が上がるまで一時的に、
資金がマイナスとなってしまいます。

 

 

しかし、

 

多くの売上を上げ、
結果的に多くの利益を得るためには・・・

 

 

優秀な従業員を、
雇うための人件費や、

 

業務を円滑に進めるための、
システム費や、

 

商品を製造するための、
原価などといった、

 

必要経費を支払うことが、
どうしても必要となります。

 

 

”多くの利益を出すために、
一時的な損失を受け入れる”

 

トレーダーもこの視点を持つことが、
非常に重要です。

 

 

トレードで長期的に証拠金を、
増やしていくためには・・・

 

多くの勝ちトレードにおける、
利益(売上)が必要です。

 

 

しかし、

 

多くの勝ちトレードにおける、
利益を獲得するためには、
どうしても損切(経費)が必要となります。

 

 

なぜなら、
どれほど勝つ可能性の高い局面で、
エントリーしたとしても・・・

 

トレードに必勝法はなく、
負ける時は負けてしまうので、
その時に損失を最小限に抑えるために、
損切する(経費を払う)必要性があるためです。

 

 

”多くの利益(売上)を上げるために、
一時的な損失(経費)は受け入れる。”

 

 

このような経営者の視点を持って、
本日もトレードを行っていきましょう。

 


 


本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

3/2

7

11/6の経済指標

※スマホの方は横にスクロール

引用元:Yahooファイナンス羊飼いのFXブログ

※羊飼いのデータは昼頃更新予定です。

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。