【カツラギ.読了】エリオット波動-オルターネーション(交替の法則) – カツラギ. プロフェッショナルFXトレーダー

【カツラギ.読了】エリオット波動-オルターネーション(交替の法則)

エリオット波動-オルターネーション(交替の法則)

 

 

▼オルターネーション(交替の法則)

 

これまでにエリオット波動の修正波には、大きく分けて以下の4種類の形をした修正波があることを紹介しました。

 

・ジグザグ修正

・フラット修正

・トライアングル修正

・複合型修正波

 

 

この4つの修正波をさらに大きく分類すると、以下の2つの分類に分けられます。

 

・急こう配の修正波(ジグザグ、斜め型の複合型修正波)

・横這いの修正波(フラット・トライアングル・横這い型の複合型修正波)

 

 

そんな中で推進5波では、急こう配の修正波と横這いの修正波が交互に現れると言われています。

 

例えば、2波でジグザグ修正(急こう配)が現れたら、4波でフラット修正(横這い)が現れるというような形です。

 

そして、この法則のことを、オルターネーション(交替の法則)と呼びます。

 

必ずそうなるわけではないようですが、大きい時間足でエリオット波動を見るほど、かなり高い確率で機能しますので覚えておきましょう。

 


 

▼オルターネーションの活用方法

 

2波と4波で修正波の分類が異なることを知っておくことで、4波に2波と同じ分類の修正波が出現した場合に、その波が4波の内部波動だと気づくことができます

 

このように、実践ではオルターネーションの法則を利用し、どこでエントリーするかなどを考えていきましょう。

 

 

▼フラット修正の内部波動のオルターネーション

 

フラット修正の内部波動でも以下のようにオルターネーション法則が現れます。

 

A波(フラット)→B波(ジグザグ)

A波(ジグザグ)→B波(フラット)

A波(ジグザグ)→B波(複雑なジグザグ)→C波(さらに複雑なジグザグ)

 

こちらも必ずそうなるとは限りませんが、波のカウントを行う上で役立ちますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

※通貨ペアの特性や相場環境により、パターンが効きやすかったり効きにくかったりします。

さらに、通貨ペアや時間軸によって出現頻度にも大きく差があります。

実践で使用する場合は必ず自分がトレードする通貨ペアや時間軸で検証してから使ってみてください。


 

 

#資金管理マインドセット

 

トレードの基本は、
安く買って、高く売ることです。

 

 

そして買い注文の場合の、
ナンピンは、

 

安い価格で買いを入れたつもりが、
さらに価格が安くなった時に、
買い注文を入れることです。

 

 

ところが、

 

ナンピンの怖い所は、
1回目のエントリーより、
より安く、より有利な価格で、
ナンピンをするため、

 

トレーダーにとっては、
お買い得感があり、
ついついナンピンをしたくなってしまう
ところにあります。

 

 

しかし、

 

計算された戦略の上で行う、
ナンピンでなければ、

 

小さく勝って大きく負ける
というような、

 

典型的なコツコツドカン
というトレードに、
なってしまいがちです。




本日もメルマガ読破お疲れ様です!

 

 

本日もお疲れ様です!毎日メルマガをご覧頂きありがとうございます。メルマガを読むコツとしては、ただ読むだけではなく自分事としてイメージしながら読むことで、さらに僕のメルマガの効果を上げて頂けるかと思います!本日も頑張りましょう!

 

3/2

7

11/6の経済指標

※スマホの方は横にスクロール

引用元:Yahooファイナンス羊飼いのFXブログ

※羊飼いのデータは昼頃更新予定です。

 

 

K使用の検証ツールと証券口座

 

FX学習用にオススメのスマホアプリ

※スマホからのアクセス限定です。